サラリーマンたかしのブログ

多趣味、体育会系、理系人間の備忘録です。

完全ワイヤレスイヤホン(トゥルーワイヤレス/フルワイヤレス)のお勧め持ち運び方法。ERATO VERSE他

Apple AirPods発売によって更に加速された完全ワイヤレスイヤホン市場の広がり。完全ワイヤレスとは左右分離型の無線イヤホンになります。
最近では電車の中などでも使用している人を多く見かけるようになりましたね。そんな中で私が思う完全ワイヤレスイヤホンで大切だと思う項目と、お勧めの持ち運び方法を紹介したいと思います。
f:id:Salaryman-Takashi:20190217201815j:plain
【目次】

完全ワイヤレスイヤホンをもつと何が得られるのか(メリット)

完全ワイヤレスを持っているという所有欲

これが一番のメリットですね。徐々に使用する人が増えてきてはいますが、まだ人が持っていないものを持っているという所有欲を満たしてくれます。

AirPodsはこの項目については個人差あり

AirPodsは耳からうどん等と言われたりもしていますが、それを許容できたりそれが売りだと思える人はオススめです。

先進的なものを使用しているというスマートさ

上記とほぼ同じですが、左右で分離しており身軽な感じもするのでスマートに見えます。

持ち運びがし易くなる

コードありのように絡まることもありませんし、充電ケースが小さいものであればポケットに入るのでとてもいいです。

取り回しのよさ

コードがないのでスマホとイヤホンの距離制限がないことや、バックなどに引っかかることもなく快適です。ここが機能的には一番のメリットだと思いますが、この機能だけでいいなら左右が線でつながっているワイヤレスイヤホンで実現できますし紛失リスクも減ります。

完全ワイヤレスイヤホンをもつと何が失われるか(デメリット)

紛失しやすくなる

左右接続型や有線式は落としたりすることはないですが、耳にひっかけていたり押しこんだりしているだけなので落としやすくなります。電車や移動中などは振動しているので落とす可能性があります。特にAirPodsは耳の形状によって合う合わないがあるので合っていない人は良く落とします。落とすということは紛失だけでなく故障につながる可能性もあります。

連続使用時間が限られる

これは見ての通り、イヤホン本体に組み込める電池容量が小型で限られているので短くなります。但し通勤ぐらいであれば持つのでこの用途なら問題ありません。出張や作業中なども装着しておきたいとなると違うタイプのものも持っておいたほうがいいです。
基本的に充電ケースとセットになっているので充電すればまた使えるようになるのですが、充電中は使えなくてストレスになる人もいるかと思います。

接続が不安定になる

プレーヤーとイヤホン間、イヤホン左右間と無線接続しており電波が干渉しやすい場所などに行くとプツプツとぎれたりします。但しここはメーカー等によって技術の差が出てくるところになり改善されてきています。

モノによってはフランケンになる

完全ワイヤレスイヤホンを持つ最大のメリットはスマートさを含めた所有欲といいましたが、フランケンになってしまったら全て台無しです。某有名メーカーのB●SEのやつとかは酷いです。B●SE持ってるんだぜアピールしたい人は所有欲につながるんでいいと思いますが(僕はハイブランドなどのロゴをアピールしている人はスマートとは思わないです)、それ以外の人は装着したときにどういう見栄えになるのかもイメージしたほうがいいと思います。因みにB●SEのPR画像などですがほとんど顔を横から撮影したものになっていますよね。前から撮ったらダサいと気づいていると思います。

値段が高い

これは値段を調べてもらえばわかると思いますが、有線タイプと同一機能となった場合に割高になってしまいます。中華製などで安くて機能もいいやつもありますけど、電池が直ぐに劣化していったりするのであまりお勧めできません。(こういうタイプのものは製品の費用より高機能電池のほうがコストがかかってきたりするのでそこを削っていそうです)

完全ワイヤレスイヤホンを上手く使う方法

私が完全ワイヤレスイヤホンを更に使いやすくするために提案したいのが完全ワイヤレスイヤホンの2個持ち歩きです。私は2個を100均の薬ケース等入れに入れて持ち歩いています。
ちなみに私が持っている完全ワイヤレスイヤホンが下記のERATO VERSE(1万数千円)と中華製(3千円ぐらい)になります。
因みにガムでも一区画使用しています。外出時にガムが必要な場面は結構あるのですが、10個入りぐらいのを買ってポケットに入れると結構ポケット膨らむし、バラけるのでこれらの面からもメリットがあります。
f:id:Salaryman-Takashi:20190217205740j:plain
f:id:Salaryman-Takashi:20190217205803j:plain
f:id:Salaryman-Takashi:20190217205826j:plain
f:id:Salaryman-Takashi:20190217205848j:plain

完全ワイヤレス2個持ち歩きのメリット

コンパクトになる

手ぶら派の人には本当にお勧めです。ポケットにすっと収まります。現在一番小さい充電ケースはAirPodsのものかと思いますが、2個持っているのに更に薄く軽くなりケースごとポケットに入れている人には特にお勧めです。

充電時間が必要ない

これは2個もっているので当然ですが、1個の充電が切れたらもう1個を使用すれば充電待ちで使用できないなどということがありません。

電池に優しい(個人的にはここが結構重要です)

現在発売されている完全ワイヤレスイヤホンは使用前後は充電ケースにしまうという使い方になっていると思いますが、これは充電が減っていなくても再充電するといったことになり充電池の劣化を促進してしまいます。ですがこの使用方法ですと一日使った後に充電するといった使用方法になるので電池に優しいです。充電回数は2分の1以下になると思います。

オリジナルのケースができる

ケースにステッカーなどを貼ってオリジナルのケースが作れます。(そんなにメリットじゃないですね。笑)

デメリット

充電ケースを持ち歩かないので、2個分の連続再生時間終了後は使用できません。泊まりなど長時間使用する場合は充電ケースを持ち歩いてください。またこの使用方法をする場合イヤホン本体にON/OFF機能が必要となります。充電ケースの出し入れでON/OFFしている完全ワイヤレスイヤホンもあるのでそこは注意してください。

さいごに

最近は完全ワイヤレスイヤホンも進化してきて、長時間使用、通信の安定性の改善など進歩し続けていますね。個人的には「NUARL NT01AX」が気になっています。価格.comでも人気No.1ですね。また手に入れたら紹介させてもらいますね。
以上、完全ワイヤレスイヤホンについてでした。